バラはサプリメントや食品で摂取できる

どの花の香りも素晴らしいですけどバラの香りは格別です。

優雅で気品があって奥ゆかしくて嗅ぐ人の心を力づけてくれるような強さもあります。

花を鼻先に近づけて永遠に嗅いでいたいくらいです(笑)。

昔からバラは人の心を捉えて離さなかったらしく、熱心に品種改良して栽培したり花を暮らしの中に取り入れたりしてきました。

最近は、精油を閉じ込めたサプリメントもありますね。

その種のサプリメントは私も使っていますが、バラの花びらや精油を色々に加工して食品や化粧品にしたものも良いですよ。

私のお気に入りは花びらを砂糖で煮詰めたジャムです。

ジャムって、果物で作っても本当に色がきれいで宝石みたいですが、バラの花弁の色はジャムにしても独特の美しさがあります。

花弁には特有の苦みがありますが紅茶に入れるとマッチして、ぱあっと香りが立って何とも言えない贅沢な気分になれます。

花弁を砂糖煮にしたものはお菓子の素材としても応用できて、羊羹に入れたものは気品のある香りが仄かにして美味でした。

バラの花弁をお菓子等に入れて食べれば香りを楽しみながら視覚的にも満足できます。

砂糖煮にした花弁が紅茶に入っているのをスプーンですくって食べると、まさに花を食べているという贅沢感がありますよ。

ただ、こうした食品はコスパはあまり良くないので精油を配合したサプリメントなら、手間暇かけず有効成分を効率的に摂れて便利です。

洋の東西を問わずセレブに人気のバラは、花の鑑賞や化粧品として美容に役立てる以外に精油をサプリメントの形で摂取すると効果があるといわれます。

最近は日本でも、精油を錠剤に封じ込めたサプリメントが出回っていて、お値段も随分安くなってきました。

私も各メーカーのローズサプリを試していますが、よく見ているのはこのサイトです。

おススメのバラのサプリメントはこちら

だいたい、バラの精油を1ml取るのに花弁が4キログラムとか大量に必要ということで、精油は非常に高価なものなのです。

そこで、サプリメントを製造するに当たり美容と健康に良い他のオイルやビタミン等を加えて相乗効果を図っているものが多いです。